河野美代子からだの相談室
月経の悩み
おりもの
乳房の悩み
性器の悩み
婦人科の悩み
妊娠・出産
不妊
セックス
STD(性感染症)
薬に関すること
その他
子供相談スペシャル
女性に役立つ商品
アレルギー除去食品
店頭には少ない商品

 3年ほど前から基礎体温をつけているのですが、いつもバラバラです。お酒を飲んだりすると、正確な値ではなくなるものですか? また、いつも眠りが浅く、3時間おきぐらいに目が覚めてしまいます。それも影響しているのでしょうか?
 基礎体温では排卵期や月経が把握できず、市販の排卵検査紙で調べたところ、月経後18日ぐらいで反応がありました。しかし、何かの本で、排卵後14日で月経を迎えると書いてあった記憶があります。私の月経周期は、ほぼ28日です。
 何年も前に一度妊娠しましたが、彼に堕胎して欲しいと言われ、泣く泣く堕胎しました。現在の彼とは、3カ月後に結婚を控えていますが、お互いに子どもが早く欲しいので半年以上前から避妊をしていませんが、妊娠しません。
 彼にも原因があるのかもしれませんが、引け目がありますし、たまたまタイミングの問題かもしれません。前に病院にかかったら、「未婚の女性にそんな検査はしない」とかなんとか、私の話を聞きもせず、すごい剣幕で怒られました。
 正確に排卵日を知るには、血液検査しかないのでしょうか? (愛知県名古屋市 菜っぱ)

 私は結婚1年目。26歳の共働き主婦です。毎日とても楽しく過ごしています。
 ただ、1つ気になることがあります。大学生だった20歳の夏、当時つき合っていた彼の子を妊娠。高校生のとき、河野先生の本を読んだこともあり、先生の病院を訪れ、悩んだ末に中絶手術を受けました。術後の経過は良好ということで、今まで誰にも言わずにきました。
 そして、今の主人と結婚。まだ子どもを作る予定はありませんが、「中絶をすると子どもが産めなくなる」というようなことを聞き、今とても不安な毎日です。それは本当ですか? 妊娠可能な体かどうかは、産婦人科に行けは検査してもらえるのでしょうか? どのように病院に行けばよいのでしょうか? 回答をお待ちしています。6年前の患者より(大分県日田市 桃)



 お二人とも、人工中絶を受けたことがあって、今後、妊娠が可能なのか不安を持っていらっしゃるようです。同じ思いをしている人は、たくさんいると思います。
 そもそも、人工中絶というのは、産めない妊娠をしてしまった女性の救済策としてあるもの。お二人とも、それなりの事情があってしたことなのだから、いつまでも引きずらないほうがいいのだけれど、でも、お気持ちはわからないでもありません。その後、新しい出会いがあって、これからの妊娠が具体的になった時、無事に妊娠できるのか不安になってしまうのですね。

 菜っぱさん、産婦人科に行ったら、叱られてしまったのですね。なぜ怒るのか、私にはさっぱりわからないけれど、そのドクターのセックス観に、何かあるのでしょう。
 そんなドクターの所には、行かなくてよろしい。そして、他の産婦人科に「近々結婚するのだけれど、基礎体温が変だと思うので見て欲しい」と言ってごらんなさい。ちゃんと排卵しているのか否か、それがいつごろなのか見てくださると思います。もし排卵していなかったら、その治療は簡単にできること。心配しないほうがいいのです。
 でもね、中絶の後遺症で不妊になるというのは、ほとんどの場合、卵巣のはたらきの問題ではありません。いちばんの問題は、手術のために卵管が塞がったり、癒着を起こしたりしてしまうことなのです。
 それは、「子宮卵管造影」というレントゲン検査を受けてみないとわからないものです。そして、その検査は痛みも伴うし、なかなか大変です。ふつう、妊娠を望んで定期的なセックスもあり、それでも1年以上妊娠しなかったら、初めてする検査なのです。
 さらに、妊娠するためには、もっともっといろいろな条件があります。排卵していれば大丈夫とか、卵管が通っていればそれで心配ないとか、そう単純なことではないのです。不妊の検査で何の異常もないのに、それでもなかなか妊娠しないという人もたくさんいます。
 私の所にも、「そろそろ結婚するので、ちゃんと妊娠できるかどうか検査をしてください」と言って来られる方はよくいらっしゃいます。でも、どこまで検査をすればいいのか、彼も検査を受ける気があるのかなど、難しいものです。

 今、お二人に必要なのは、いつまでも過去のことに引け目を感じたりしないで、新しい生活に積極的に向かうことではないでしょうか。昔と違って、今は人工中絶の技術も進んでいるし、術後に炎症を起こさないためのお薬だって、とてもすぐれたものが処方されるようになっています。ですから、中絶の後遺症で不妊になるというのも、数的にはとても少なくなっています。
 自分はどうなのか、気にはなるかもしれませんが、ほとんどの人は中絶の後にちゃんと妊娠して子どもを産んでいるのです。そして、もしなかなか妊娠しなかったら、その時には、ちゃんと検査と治療を受けようと割り切ることですね。不妊の分野は、とても医療が進んでいます。たとえ卵管が塞がっていても、今はその技術で妊娠可能になっているのですから。